グローバルナビゲーション


ここから本文です

本部会長からのご挨拶

後援会会長 林 英男

「工学院大学のさらなる発展に向けて」

 この度、工学院大学後援会会長を仰せつかりました林英男です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 会員の皆様には、日頃より後援会諸活動に関し、格別のご理解・ご協力、並びにご支援をいただいております。また、後援会幹事の先生方、学生支援課の職員の皆様には、活動へ大変ご尽力を、学長、先生の皆様には、多大なご協力・ご支援をいただいております。ここに深く感謝申し上げます。
 さて、1950年に発足した歴史ある後援会ですが、その活動は大変特色のあるものです。活動の目的は、会則の通り、『大学と協力して、学生生活の向上を図り、併せて大学の発展に寄与すること』であり、これに沿って、①学生の文化・体育等の諸活動の後援、②学生・教職員の福利・厚生の施設・設備への援助、③学生・教職員の学術的行事への援助、④大学と父母または保証人との懇談会の開催、⑤大学の諸事業の後援、の5つの事業を行っております。
 皆様、後援会の諸活動にぜひご参加ください。私は次の3つのメリット ①学生生活に関する不安の払しょく、②お子様とのコミュニケーションの深化、③ご自身の成長、につながると考えます。
 各支部で開催される支部総会及び父母懇談会、新宿・八王子キャンパス見学会、就職懇談会、さらには、各支部で計画・実施される講演会・見学会など、様々な催しを行っております。
 各イベントでは、先生方との直接のコミュニケーションで様々なお話をうかがえます。キャンパス見学会では、施設の充実度等を目のあたりにできます。また、就職懇談会では学生の生の声・アドバイスを聴くことで、保護者として支援すべきことがおわかりになると思います。これらは、本学独自の誇るべき活動であると思います。
 支部活動では、様々な方々と情報交換・懇親を行うことこそが、最近世の中で言われる“キャリア自律”にもつながり、人としての成長につながるものと思えます。
 最後になりますが、本学を巣立つ学生たちが、新しい時代において日本の技術力を支える人材として活躍していくよう、大学と連携を深め、支援していきたいと思います。
皆様のますますのご協力をお願い申し上げます。

前のページへ戻る