グローバルナビゲーション


ここから本文です

幹事長からのご挨拶

後援会幹事長 田中 久弥
(情報学部コンピュータ科学科 教授)

 2017年度の後援会幹事長を拝命した情報学部コンピュータ科学科の田中久弥です。日頃は工学院大学にご後援くださり感謝いたします。
 後援会幹事の役割は、ご父母と大学を結び信頼関係を築くことです。幹事は各学部、学科の教授からから7名選任されています。幹事はご子息ご令嬢の学修、生活、進路のことをご父母目線で調べサポートしています。父母懇談会では、学科から面倒見の良い面談教員を全国に延べ230名以上推薦・派遣しています。教員は成績、出席状況、研究室や講義担当教員から普段の様子を聞いて面談に臨んでいます。お父母皆様から寄せられる相談は、進級は大丈夫でしょうか、就職か大学院進学か迷っているようなので息子に声をかけてくれませんか、地方から出て一人暮らししていますが講義に遅刻せずに行っていますでしょうかなど様々ございますが、教員はご相談ひとつひとつに丁寧にお答えしています。
 また、今年度から大学に学生支援委員会が設立されました。学生支援委員会とは学生支援ポリシーに掲げた学修・生活・安全・進路に関するあらゆる課題に取り組み、学園に改善を求める組織です。構成メンバーは教員、職員、看護師、カウンセラー、部活動顧問代表、創造活動代表、そして後援会幹事長です。後援会の肩書きで大学の会議メンバーに加わるのは、後援会の歴史で初めてのことだと思います。私はこれにより後援会と大学との結び付きがより強くなると感じています。そのため、ご父母の皆様におかれましては、後援会活動や行事にご参加いただき、お気づきになられたことを後援会幹事にお寄せ頂きたくお願い致します。父母懇談会だけでなく、キャンパス見学会、就職懇談会、支部講演会などでお会いできる機会がございます。工学院大学に入学させて良かったと思っていただけるようサポートさせていただきますので、今後とも宜しくお願いたします。

前のページへ戻る