グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

イベント案内と報告

埼玉支部新年会のご報告

埼玉支部2017年02月04日

埼玉支部新年会のご報告(2017年1月21日開催)

 当支部では、平成29年1月21日(土)に代議員および顧問を対象にした支部新年会を実施致しました。参加者は全体で30名でした。
 当日は、参加されるご父母の方々およびご講演頂く高木亮准教授に、埼玉県さいたま市にある鉄道博物館へお集まり頂きました。
 まず鉄道博物館「通称てっぱく」では、巨大な建屋の中心に転車台があり、12時からの転車台回転実演と汽笛吹鳴を見学することが出来ました。その他にも、昔懐かしい車両や天皇家の御料車等展示してありました。鉄道の技術史も分かりやすく解説してあり、体験型の施設も充実しており大人も子供も楽しめる博物館でした。
 その後、講演会会場へ移動し、先生のご講演を頂きました。
講師:工学部電気システム工学科、高木亮准教授
テーマ:「鉄道博物館と昭和20~30年代の日本の鉄道」
 本州のJR3社が、それぞれ大きな鉄道車両の展示施設を保有している事。
① 大宮の鉄道博物館 ② 名古屋のリニア・鉄道館 ③ 京都の京都鉄道博物館
これら3館の評価、特徴等スライドを利用して分かり易く話をして頂きました。
 又、蒸気機関車(D51)の設計者として活躍した鉄道技師、島秀雄が設計、開発に関わった新幹線の開業に至るまでの話も大変興味深く、あっという間の1時間でした。最後に、ご父母からの質問にも丁寧にご返答頂き有り難うございました。
 講演会終了後の懇親会では、参加されたご父母の方々の自己紹介、近況報告、子供達の学業状況等の報告がありました。皆様それぞれ話も弾み、有意義で楽しいひと時を過ごせた事と思います。
 ご参加下さいました高木先生、代議員および顧問の皆様、準備下さった幹事の皆様、有り難うございました。担当幹事:勝亦・中島・橋本・斉木・大熊

記:副支部長 中島伸枝

  • 鉄道博物館
  • 転車台
  • 博物館での集合写真
  • D51前での集合写真
  • 高木先生のご講演(1)
  • 高木先生のご講演(2)
前のページへ戻る