グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

イベント案内と報告

埼玉支部 第1回代議員会、講演会、懇親会のご報告

埼玉支部2017年09月02日

 さる8月26日(土)に、埼玉支部の第1回代議員会、講演会、懇親会を新宿キャンパス
にて開催しました。顧問2名を含め32名の参加でした。

【代議員会】
 冨永支部長の挨拶から始まり、参加者の自己紹介の後、資料に沿って以下の議題の
説明があり、承認・確認されました。
1.支部代議員の役割について
2.2017年度支部活動実施計画について
3.キャンパス見学会について 10月14日(土)八王子キャンパス見学会を担当
4.支部研修会について    実施日:11月26日(日)日帰り研修会
               行先:つくば市方面 ご講演:後援会幹事長 田中久弥先生
5.その他  支部総会および父母懇談会の出席状況報告

【講演会・懇親会】
 4月から、後援会副幹事長に就任された、工学部機械工学科教授 何 建梅(か けん
ばい)先生に、テーマ「人工衛星システムの設計概要について」と題して、ご講演い
ただきました。
 何先生は中国のご出身で、北京大学を卒業後、早稲田大学の大学院で博士を取ら
れ、さらにアメリカのスタンフォード大学で客員研究員をされた後、日本の宇宙開発
事業団(NASDA)宇宙航空研究開発機構(JAXA)で主任研究員として働かれた、国際感覚
豊かなとても素敵な女性の教授でした。
 先生は、モノづくりにおける構造設計関連の研究・開発をされていて、2001年から
2006年に何先生が実際に開発に参加された人工衛星ゴーサやジーコムなど、JAXA
での話を交えながら、人口衛星ロケットにはたくさんの搭載機器が存在し、それぞれ
にミッションやシステムが考えられていることを、細かく説明していただきました。

 人工衛星の設計・開発プログラムには、予備設計(概念設計)だけでもいくつもの
過程があり、電力系や材料、機体のベース等様々なことが考えられ、人工衛星が飛ぶ
までに解析・審査も何度も経て、私たちが見ているロケットは打ち上げられているこ
とが判りました。
 何先生には貴重なお話をしていただき、最後には父母からの質問にも丁寧にお答え
いただき、ありがとうございました。

 講演会終了後、参加者は何先生とご一緒に食堂にて懇親会を開催しました。先生を
囲みながら、参加者同士が交流を深めることができ、たくさんの方とお話が出来たか
と思います。会議で質問するようなことでもないけど、ちょっと聞いてみたいことな
ど、気軽に聞ける場なので、これからもたくさんの方に参加して頂きたいと思います。

記:副支部長 橋本直美

  • 何教授講演会1
  • 何教授講演会2
  • 講演会集合写真
  • 懇親会1
  • 懇親会2
  • 懇親会集合写真
前のページへ戻る