グローバルナビゲーション


ここから本文です

副幹事長の挨拶(5)

後援会副幹事長 筧 淳夫(かけひ あつお)
(建築学部建築デザイン学科 教授)

2011年4月から建築学部の教員として学生とともに、教育・研究に取り組んでいます。それまでは、厚生労働省の研究所の1つである国立保健医療科学院という組織において、医療施設の建物に関する研究を22年間続けて行ってきました。私の専門分野は、建築の中でも建築計画という分野に属していて、特に病院や高齢者施設といった医療・介護福祉施設の建物を研究の対象としています。こういった施設を建てる際に、患者や高齢者の生活の視点や、そこで働く医療・介護スタッフの作業環境の視点などを生かすことができるように、施設整備の条件などを明らかにする研究です。例えば、今年世界中で大流行している新型コロナウイルス感染症のような疾病に対する感染対策を、施設環境から考えていくといったこともこれまで研究対象としてきました。急性期病院だけでなく、高齢者向けの病院、リハビリテーション病院、精神科病院など、様々なタイプの病院を対象として研究を行い、また実際に建物を整備するプロジェクトにも関わってきました。

 

昨年度より副幹事長として活動を始めましたが、昨年度は大変残念なことに新型コロナウイルス感染症によって、教室での対面による授業を実施することができない状況に追い込まれてしまいました。もちろん、対面の授業ができないために、設計や実験・実習などの強化において困難な場面もありましたが、建築の先生方が様々な工夫をしつつ遠隔授業を実施し、結果として学生の教育において多くの実績を残すことができたのではないかと考えています。例えば、これは私個人の感想になりますが、一昨年までと比較して確実に学生のポテンシャルが上がってきたように感じました。卑近な例としては、授業ごとに課題として提出を求めているレポートの質は間違いなく高いものでした。ちなみにこのことは数多くの他の先生も同様に感じているようです。 今年は4月から対面による授業を中心としつつ、遠隔授業の良い点を取り入れながら講義を組み立てることめざし、今回のパンデミックがこれまでの大学教育を考え直す良い機会になればと思っています。

 

一方で、学生同士や教員と学生間のコミュニケーション不足は間違いなく問題でした。この点は今年度改善できると思っていますが、漫然と過ごすのではなく、対面できることの「喜び」を積極的に生かすことのできる大学教育・大学生活を過ごすことができるように、一つ一つかみしめながら取り組んでいきたいと思っています。

前のページへ戻る