グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 小川 美穂

平成30年度の南東北支部長を拝命いたしました宮城県仙台市在住の小川美穂と申します。このような大役は初めてですが、皆様のお力をお借りして精一杯務めさせていただきたいと思っております。南東北支部は、宮城・山形・福島県の3県より構成されており156名の会員がおりますが、山形県の会員が12名と少なく、最近は2県の役員での活動が多くなっているのが、残念なところです。

 

行事としては、キャンパス見学会・秋の研修会(1泊2日)・就職と進学に関する説明会があります。後援会活動に多くの会員の方の参加をお願いしたいと思っており、今年は、入学式後の父母説明会に向けて南東北支部の後援会活動を紹介する素敵なチラシを作りました。現後援会会長の埼玉支部を参考にさせていただき、当支部の役員さんが作成してくれました。手前味噌ですが、なかなかの出来だと思っております。ただ、今回は入学式から短期間での総会となり予定が合わない会員さんが多かったのが心残りです。

 

私自身は、不得意なことが多くリーダーシップもありませんが、役員や会員の皆様・本部役員の皆様・先生方のお力や御助言でなんとかやっております。キャンパス見学会では、懇親会があります。ぜひ、参加して他の支部の方や先生方とお話してみてください。あちこちに知り合いが出来、情報交換が出来るのもこの後援会の良いところです。大学の先生にも直接質問できる機会がある事はすごいと思います。皆さんフレンドリーで、質問しやすい雰囲気で適切な回答をいただき、安心して帰宅することが出来たのを覚えております。

 

東京での学生生活・授業の参加・単位・お金等々保護者の心配は尽きないですが、会員の方の不安や心配事に寄り添いながら、今までの活動で知り得た事等お伝えしていけたらと思っております。大学で後援会があり、各支部まで大学の方からお越しいただき、子供たちの現状について色々お話いただけることは、大変有難いことだと思います。多くの方の参加と今後とも大学からの変わりないご支援をお願い致します。

 

前のページへ戻る