グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 松浦 秀行

この度、南東北支部長を拝命いたしました福島県伊達市の松浦秀行と申します。後援会活動に携わらせていただくようになり、本年度で、早3年目となりました。

昨年度末からのコロナ禍にあって、何事においても先行き不透明な中、子供たちはもちろん、私たち保護者にとっても不安と悩みの尽きない日々が続いております。このような中にあって、いち早く遠隔授業を取り入れるなど、子供たちの学びの保障に向けてご尽力くださいました工学院大学関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

南東北支部は、福島県、宮城県、山形県の会員約150名によって構成されます。非常に広範囲からの参集となりますが、11月1日は、31名の皆様にご参加いただき、宮城県仙台市のホテルメルパルク仙台において支部総会を開催することができました。この会場では、同時に北東北支部総会が行われており、昨年度の支部研修会を、合同で開催したことから、新役員による新たな交流も生まれました。今後もこのご縁を大切にしていきたいと考えております。また、同日行われました父母懇談会では、現在の大学の状況等について、学長様より直接ご説明いただくことで、大学の取組と学生への思いを理解することができました。その後の面談においても、オンラインではありましたが、例年通り親身になってお話を聞いていただき、有意義な時間となりました。

例年とは大きく異なる日程で始まった後援会活動ではありますが、南東北支部としましては、会員相互の親睦を図りつつ、子供たちの声を大学に届けるという大きな使命を果たしてまいりたいと考えております。そのためにも、会員の皆様の支部活動への積極的な参加をお願い申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます。

前のページへ戻る