グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

千葉支部長 鵜澤 文男

会員の皆様におかれましては、日頃から後援会活動にご協力を賜り、誠にありがとうございます。2020年千葉支部総会にて支部長になりました、鵜澤と申します。よろしくお願いいたします。

  本年は新型コロナウイルス感染症の影響により皆様もご心配や日頃の生活でも様々なご苦労があったと存じます。

後援会活動もこの影響で一時中断になり当初5月予定の支部総会も11月に延期となりました。このような状況のなかでも、伝統を引き継ぎながらも新しい生活様式に沿った今年度の活動がスタートしました。千葉支部の会員数は11月現在で244、全国21支部の中で4番目に多い数ですが、支部活動はアットホームな雰囲気で行っております。会員の皆様が有意義な時間を過ごせ、また来たいと思え気軽に参加していただける、そんな心地よい活動の場が千葉支部の伝統ですのでこちら継続していきたいと思います。

 

  さて、後援会の行事は色々ありますが、最もお勧めしたいのは、「父母懇談会」です。例年は年度初めの支部総会に合わせ開催され、大学から学長をはじめ各学部の先生方がお見えになり、成績を見ながらの個別面談、懇親会では先生方や会員同士交流し、様々な情報を得ることができます。今年度は11月に個別面談はリモート形式へ変更されるとともに懇親会も中止されておりますが、毎年ご参加いただきたい行事です。

  今年度は中止になりましたが、例年は後援会本部の行事として、10月頃に新宿や八王子で行われる「キャンパス見学会」、2月の「就職と進学に関する懇談会」があり学生生活の一端を知るご機会となります。

  最後にご紹介したいのが、千葉支部の行事です。12月には支部講演会を工学部機械工学科教授 西谷先生にオンライン形式で開催して頂きます。

 

 新型コロナウイルス感染症拡大により制約が多いなかですが、「新生活様式」を取入れ皆様が参加しやすい後援会活動を考えていきたいと思います。

工学院大学後援会は大学と協力して学生生活の向上を図り、併せて大学の発展に寄与することを目的としております。この目的に沿って千葉支部の活動が会員皆様にとってより良いものになるよう微力ながら、精一杯、務めさせていただきますので、今後とも後援会活動にご理解、ご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

前のページへ戻る