グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 福田 飛鳥

 現在大学三年生になる一人息子の入学式の際に、中国地区の方はこちらに集合して下さい、と声をかけられた時から、私の後援会活動が始まりました。

 自分が大学生の時にこの様な活動があったかなと思い出しても心当たりがなく、周りの友人・知人に他の大学でもあるかと尋ねてみてもうちには無いと言われるばかりでした。

 実際に一人暮らしをしていく中で生活は出来たとしても、大学にちゃんと通っているのか?単位は取れているのか?心配事は尽きないと思っていました。

 例えば、父母懇談会の際に大学の先生方と成績等色々な事を質問できる機会がありますので、子供の大学生活を垣間見ることが出来ました。

 キャンパス見学会では新宿キャンパスを見学させていただいてゼミの中も見させていただいて大変参考になりました。

 今年はコロナ渦の中で全てが異例の対応を余儀なくされ、対面授業とオンライン授業との併用となり保護者の方々もどの様に子供たちに学習させればいいのかと保護者一同での話題になりました。

 後援会の活動につきましても、コロナ渦の中での活動になりますので、活動予定の変更があると思いますので、皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

 後援会でのキャンパス見学会・後援会等の活動では、交通費の補助が出ますので皆様の参加しやすい環境づくりを目指しておりますので、ご参加のほうお待ちしております。

 後援会活動を通じて大学側の学生へのフォロー体制がよく分かり参加して本当に良かったと思います。

 

 最後になりますが、中国支部では役員の負担をできるだけ減らしていき、合理的な活動を前支部長の中上様から引き継いで努力してまいります。

 今後とも支部活動に参加をし、ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

前のページへ戻る