グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 尾関 芳臣

会員の皆様におかれましては、日頃より後援会活動にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。

コロナ禍の中、2020年9月19日の中京支部総会におきまして、支部長に選任されました尾関です。同時に選任されました支部役員の方々と力を合わせ、後援会本部役員・大学教職員の方々よりご指導・ご支援を頂きながら支部活動を盛り上げていきたいと思います。中京支部の会員は、愛知・岐阜・三重の三県で構成されており、本年度96名の会員にて構成されております。

また、各活動時には会員の皆さんが気軽に参加出来、お互いにコミュニケーションを深められる雰囲気を作り上げていきたいと考えております。

 中京支部は地理的に学校からはそれほど遠くないとは言え、皆様のお子様達は親元・地元を離れ一人暮らしをされている事と思います。私ども家族も子供の学校での生活・下宿先での生活に関しての情報は決して十分得られず、何かと心配や不安を感じており、皆様も同様な感覚ではないかと思います。幸いながら工学院大学では、本後援会活動を通じて様々な情報を得られる機会が設定されています。中京支部会員の皆様には、是非積極的に後援会活動に参加され、不足しがちな情報を補充して頂ければ幸いですし、我々支部役員も情報を相互に交換できれば幸いです。

 この様な観点より、子供達の生活を直接感じられるキャンパス見学会を毎年秋に隔年で八王子・新宿キャンパスで実施しており、教室や研究室など細部にわたり案内していただ き、教育環境を見学する事ができます。来年度は八王子キャンパスでの開催を計画しています、自らの目で現地での生活環境を感じて頂きたいと思います。また、子供達の次の大きな転機である就職に関しては、11月20日に中京支部独自で「就職講演会」を、2月13日には本部行事の「就職と進学に関する懇談会」(新宿校舎)への参加を計画しております、共に直接、大学教職員の方々より直接お話が伺える貴重な機会と思います。支部役員共々皆様方に各イベントへ参加しやすい環境を提供していきたいと考えています。

 至らぬ点は色々と有ると思いますが、本年一年間支部会員皆さんからのご支援を頂けます様、よろしくお願いいたします。

前のページへ戻る