グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 塩澤 巻浩

今年度,支部長を務めさせて頂く塩澤巻浩です。

 コロナ禍により社会情勢・生活様式が大きく変わり,目ぼしい活動ができないまま折り返し点を過ぎてしまいました。終息の兆しは見えません。むしろ次の流行が懸念される昨今です。

 支部会員の皆様に安心して研修会や講演会に参加して頂ける状況になるまで,まだまだ時間が必要です。

 後援会活動を展開しようにも感染を恐れて人が集まらないのは明らか。そこで任期満了までの期間を,群馬支部の「これからの後援会活動」を安定したものとするための準備期間と位置付けました。「新しい生活様式」に対応した仕組みをつくるため,提案事項を2つ,会議にかけ承認を得たところです(10月)。

 1つめ。役員を対象に,リアルタイムで返信する必要のないML(メーリングリスト)をGoogleグループで立ち上げました。双方向でやり取りできるよう設定してありますが,チャットアプリとは違い,ほどよい距離感を保ちながら,お互い都合のいいときに連絡を取り合うことができます。一斉送信でメンバー全員に連絡できるうえ,資料も添付できますから,既に重宝しています。有効に機能しているので,いずれは一般会員の皆様のためのMLを立ち上げ,登録をお願いできたら,と考えております。

 2つめ。Zoomを活用したリモート会議ネットワークの開通です。こちらは準備を始めたばかり。役員専用とし,11月下旬の3連休終了までに運用できるようにする予定です。

 群馬支部の会員は126名です。ただ研修会や講演会に参加してくださる方,運営に積極的に参画してくださる方は固定気味です。皆さん,活動を楽しみつつ「もっと多くの会員の皆様に興味を持って頂き,楽しさや心強さを共有するためには,今,群馬支部に何が必要なんだろうか,自分たちに何ができるだろうか」と真剣に考えています。どうか2021年度支部総会に脚をお運びください。

 最後に工学院大学の益々のご発展と後援会会員の皆様のご健勝を祈念して支部長挨拶とさせて頂きます。

前のページへ戻る