グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 砂田稚香子

2018年7月7日の北海道支部総会において承認をいただき支部長を務めることになりました砂田稚香子と申します。

 

私は、新千歳空港と札幌市の中間にあります北広島市に住んでいます。夫は神奈川県厚木市に単身赴任して7年目、息子は建築学部3年生で、自宅には娘と住んでいます。

 

北海道支部は、今年度の会員数が46名と少しずつ増えてきています。広大な土地がら、会員全員が一堂に会することは難しいのが現状ですので前支部長から引き継ぎ会報を発行し皆様に行事のお知らせや報告、大学のこと、子供達の生活の情報を発信していきたいと思っております。

 

毎年、総会、研修会、キャンパス見学会、就職に関する講演会を活動として行なっております。総会後の父母懇談会では各学部の先生方の個人面談、就職に関する講演会では就職担当の先生の講演後に色々な相談ができます。今年は新宿キャンパスの見学を予定しており、子供たちがどのような場所で学習、研究しているのかを学内を説明してもらいながら知ることができます。

 

各行事後には懇親会を設けて情報交換や親睦を深めていますので、是非とも皆様のご参加をお願いいたします。

 

工学院大学は、長い歴史があり、日々発展しています。最近、国内各地で地震、異常気象の災害が多く、世界での温暖化、環境破壊の問題も深刻になってきています。将来、未来の日本、世界が工学院大生の高い技術力を待っていることでしょう。大学には子供達の勉学と精神的なサポートを、そして先生方には、引き続き伝統のある高い技術力のご教授を期待しております。

 

最後に、微力ではありますが新役員に助けてもらい、会員の皆様のご協力をいただきながら今年度も楽しく参加しやすい活動を目指していきますので一年間よろしくお願いいたします。

前のページへ戻る