グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

本部会長からの挨拶

後援会会長 井上 公司

 平素より会員の皆様には後援会活動に関して、格別のご理解・ご協力・ご支援を賜りまして、誠に有難うございます。また、活動にあたり、日頃から多大なご尽力を頂いております大学後援会幹事の先生方、学生支援課職員の方々には深く感謝申し上げます。

 今年度、工学院大学後援会会長を拝命いたしました井上公司と申します。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 2020年の年明けより、世界中でコロナウイルスが席巻をしております。早期の収束ないしせめて収束の兆しが見えることを望むばかりでございますが、学生生活や我々後援会会員の皆様の生活に有形無形の影響を与えておりますのが現実です。お互い「健康第一」で「新生活様式」を取り入れるべく、頑張りたいと思います。

 後援会は1950年に発足し、70年を超える歴史ある会でございます。その活動の目的は、会則に記載のとおり「大学と協力して学生生活の向上を図り、併せて大学の発展に寄与する」こととなっております。この目的達成のために、「1.学生の文化・体育等の諸活動の後援」「2.学生・教職員の福利厚生の施設・設備への援助」「3.学生・教職員の学術的行事への援助」「4.大学と父母または保証人との懇談会の開催」「5.大学の諸事業への後援」の、5つの事業に取り組んでおります。

 幹事の先生方、学生支援課、後援会役員一同が一丸となって、各種会合や先生方との懇談会、「就職と進学に関する懇談会」、先生方の研究内容の講演会の開催等、各種イベントや企画を開催しておりますが、残念ながら、今年は上記のような状況で、通常のスケジュールやイベント内容は大幅に変更を迫られているところで、皆様へのご案内も大幅に遅れたり、至らぬ点があったりして、誠に申し訳なく思っております。

 しかしながら、こういう時だからこそ、後援会の本来の目的である「学生生活の向上と大学の発展」のために、役員一同団結して行動して参る所存ですので、会員の皆様におかれましても、後援会活動への積極的参加とご支援を切にお願い申し上げる次第です。

前のページへ戻る