グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

会長からの挨拶

後援会会長 福井 敦

 今年度、工学院大学後援会会長を拝命いたしました福井敦と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 会員の皆様には、日頃より後援会活動に関して、格別のご理解、ご協力並びにご支援を賜りまして誠に有難うございます。また、後援会活動に関し多大なご尽力をいただいております後援会幹事の先生方、学生支援課の職員の皆様に深く感謝申し上げます。

 昨年度は、世界中で新型コロナウイルスが蔓延し、公私ともに多くの制約が課せられた年となりました。当後援会に関しましても、年度初めから7月末までの活動が一時中止となり、定期総会の書面開催やキャンパス見学会の中止、就職と進学に関する懇談会のリモート開催、支部活動につきましても父母懇談会が一部の支部で中止を余儀なくされた他、多くの支部行事の開催が見送られた異例の一年となりました。

 さて、当後援会は1950年の発足から70年以上に渡る歴史を有するとともに、自主的で特色ある活動を活発に行ってきた会であります。『大学と協力して、学生生活の向上を図り、併せて大学の発展に寄与すること』を目的として、次の5つの事業を行っています。即ち、①学生の文化・体育等の諸活動の後援、②学生・教職員の福利・厚生の施設・設備への援助、③学生・教職員の学術的行事への援助、④大学と父母または保証人懇談会の開催、⑤大学の諸事業の後援、となります。

 前述の通り、昨年度はコロナ禍のため、残念ながら会員の皆様方に直接ご参加いただける行事の幾つかは開催できませんでした。例年の様に大学の情報が得られなかったり、会員の皆様との交流が少なかったりで、ご心配をおかけしたのではと推察しております。本しおりが皆様のお手元に届くころにコロナの状況がどの様になっているか予測できず、今年度も予断を許さない状況が続くと推察されますので、大学と緊密に連携し、大学・学生が必要とする援助を行うとともに、安全な後援会活動とすべく、臨機応変な組織運営を行いたいと思いますので、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 後援会は全ての会員の皆様のため、さらにはお子様の充実した学生生活のために、後援会本部役員・各支部役員が連携・協力して参ります。今年度も何卒よろしくお願い申し上げます。

前のページへ戻る