グローバルナビゲーション


ここから本文です

副幹事長の挨拶(4)

後援会副幹事長 前田 幹夫(まえだ みきお)
(工学部 電気電子工学科 教授)

今年度より後援会の電気電子担当の副幹事長となりました新宿キャンパスに研究室を持つ前田と申します。

 

2012年4月に工学部電気システム工学科の教員となり、それまで私がやりたかった大学での講義、研究室の学生さんと一緒に進める研究、科学教室などの社会貢献活動などの経験をこの9年間で積むことができました。現在は、2年生、3年生の回路と実験を中心とした科目を受け持っています。

 

それまでの約30年間はNHKで主に映像や音声信号の無線や光ファイバによる伝送システムの研究開発を行ってきました。放送局が生放送をするには様々な中継現場から放送局まで、素材となる映像、音声信号を伝送する装置が必要です。今では生放送は宇宙ステーションからでも可能な時代ですが、海の中だけは電波が伝わらないため難しい場所として残っています。そこで大学に移ってからも海中からの生放送を実現すべく、研究室の学生さんと一緒に可視光のよる伝送技術の研究を私のライフワークとして進めています。あれこれと色々なアイデアを出し合って物作りをしてゆく過程は苦しくも楽しくもあるものです。彼らの目の輝きとか達成した時の笑顔を見るたびに元気が湧いてくる、そんな教員生活を送っています。

 

コロナ禍で、大学に来て皆で集まって実験することさえままならないというこれまで経験したことのない厳しい環境下で、学修と研究に励まなければならない学生さんの苦労をひしひしと感じます。親御様の御心配も良くわかります。こんな苦境のなかでも頑張っている彼らに精一杯の応援をすべく、より良いコミュニケーションのできる雰囲気づくりに努めて参りますので、どうぞよろしくお願いします。

前のページへ戻る