グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 塚田 万寿夫

こんにちわ。2018年7月1日に大阪ホテルグランヴィアにて開催されました近畿支部総会におきまして、近畿支部長を仰せつかりました塚田万寿夫です。微力ではございますが、後援会本部、大学後援会事務局、支部役員の皆様方と協力しながら、前任者の築かれた支部の活動をますます活性化することができたらと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、愚息が貴大学に入学してから1年余りが過ぎ、私自身も後援会のお世話になり、感じたことは、子供、保護者(保証人)共々満足している方が多いということです。歴史があり就職にも強いということもありますが、後援会が、支部と本部、大学後援会事務局、担当教員の皆様の結びつきが深く、コミュニケーションがきっちり取れるてるからではないでしょうか。子供と進路、成績、生活、クラブ活動や学校主催の様々な課外活動に関する情報を共有し、子供に様々な助言したり、子供からの希望等を学校にフィードバックすることが、後援会を通じて機能しているおり、それが面倒見の良さに繋がっているのではないかと思っています。

 

近畿支部は、滋賀・京都・大阪・奈良・和歌山・兵庫の6府県で構成される支部です。現在、本年度、関西で受験できるようになったおかげで17名の新入生を迎えることができましたが、まだまだ総勢38名の小所帯です。今年も昨年同様、小回りが利いて、会員同志の距離の近い活動を展開できたらと考えています。

 

本年度は、9月末にキャンパス見学会、2月の就職説明会等の本部主催行事の他に支部行事として、8月に工場見学、9月に先進工学部 機械理工学科雑賀教授を迎えての後援会、3月には兵庫県にあるSPring-8という大型放射光施設の見学会を予定しています。またそれぞれの行事の後には懇親会で交流を深めて頂く機会を設けております。できるだけ多くの会員の皆様に気軽に参加頂いて後援会、大学の良さを感じてほしいと思っていますので、宜しくお願いします。

 

最後になりますが、工学院大学の益々のご発展と大学関係者及び後援会の皆様のご健勝を祈念しまして支部長のあいさつとさせて頂きます。

 

前のページへ戻る