グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 中島 喜代美

皆さま、こんにちは。日頃より後援会活動にご理解、ご協力を賜りましてありがとうございます。
2019年5月25日スイスホテル大阪にて開催されました工学院大学後援会近畿支部総会におきまして、支部長を拝命いたしました中島喜代美と申します。

 

微力ではございますが、後援会本部、大学後援会事務局、支部役員、代議員の皆さまのご協力を賜り、精一杯取り組み、子ども達が充実した工学院での大学生活が送れますよう、大学との架け橋になるため努力して参ります。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 

本年度は、総会・父母懇談会に始まり、7月に社会見学として、万博のシンボルマークであった「太陽の塔」の内部見学、万博公園内にある国立民族学博物館の見学を行いました。

 

8月末には、昨年度、SPring-8という大型放射光施設の見学会を開催しました流れより、渡部隆史教授にお越しいただき、講演会を予定しております。子ども達が大学で受講している教授から、授業を体感していただきます。講演後は、教授、後援会本部役員の方々とお食事をしながら語り合います。

 

10月には、新宿キャンパス見学会、2月は、就職と進学に関する懇談会と、本部行事に参加いたします。

 

3月には、リニューアルしました大阪市立科学館を見学し、宇宙を研究されておられる教授にお越しいただき「宇宙」をテーマにした講演会を予定しております。

 

また、例年の行事となっており、好評をいただいています次年度の総会の前に新入生のご父母を歓迎する会を予定しています。支部活動にご参加いただきやすいように初めてのお顔合わせをし、支部活動のご案内をいたします。

 

近畿支部は、会員数が少ないため、支部役員のチームワークを高め、和気あいあいと心地よい雰囲気の中で会員の皆さまが楽しく集える場での活動を目指しております。

 

会員の皆さまと後援会活動を通して、意見交換、情報交換をさせていただき、子ども達の学校での様子、学業、クラブ活動、就職活動、進学活動と、少しでも子ども達を取り巻く環境、日々の変化を知り、
理解し、離れて暮らす子ども達の良き理解者として、大学生活を支援、応援していく所存です。

 

1人でも多くの会員の皆さまに気軽にご参加いただき、後援会活動を通して他の大学では体験出来ない工学院大学の良さを更にご確認いただき、皆さまの満足度がアップしていきますよう、進めて参ります。

 

最後になりましたが、工学院大学の益々のご発展と大学関係者、後援会会員の皆さまのご健勝とご多幸をお祈りいたしましてご挨拶とさせていただきます。

近畿支部長 中島喜代美

前のページへ戻る