グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 松井 俊之

今年度の支部長を務めることになりました松井 俊之(まつい としゆき)です。昨年度までは、副支部長をしておりました。支部役員の皆様は親切で面倒見の良い方が多く、楽しく支部後援会活動に参加することができました。 至らぬ点は多々あるとは思いますが、宜しくお願いします。

 

長野支部の会員数は今年度112名で、主な行事は、支部総会とそれに引き続いて行われる父母懇談会、秋に開催されるキャンパス見学会への参加、支部研修会として冬に開催される就職に関する講演会です。先日行われた父母懇談会では、本部役員の方、佐藤学長をはじめ各学部の先生・職員の方にお越し頂き、子どもたちの大学での勉学の様子やアドバイスなどを伺うことができました。懇親会の席では、先生方から大学の研究内容をお話し頂いたり、子供の大学生活に関わる心配事や悩みを会員同士で相談し合うなど、有意義な時間を持つことができました。

 

これからの長野支部後援会の活動予定はキャンパス見学会と支部研修会です。

 

長野支部のキャンパス見学会は、10月13日に八王子キャンパスを予定しています。 ここでは子供たちの学びの場を直に見学するとともに、懇親会を通じて全国の支部の方々と情報交換を行う良い機会になると思います。 支部研修会は12月に長野市での開催を予定しています。 現在の就職活動の様子や大学側のサポート体制の説明、そして親としての心構えや支援の仕方などについて、学生支援・就職担当の先生に講演頂く予定でいます。

 

長野県は南北に長い県なので、支部総会・保護者懇談会、支部研修会等の会場は、会員の方々が参加し易いように、長野市と松本市で1年毎に交互に設定しています。これからも明るく楽しい後援会活動を心掛けますので、積極的な参加を宜しくお願い致します。

 

工学院大学は建学以来、10万人を超える卒業生を輩出し、卒業生は産業界の各分野で活躍しています。今後、社会はよりグローバル化が進む中で、それに対応できるタフさと能力を持つ人間に子供たちを鍛えてくれることを、大学には期待しております。

 

最後になりますが、大学関係者の皆様と後援会の会員の方のご健勝を祈念いたしまして、支部長の挨拶とします。

 

前のページへ戻る