グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 青木 美代次

皆さまこんにちは。2019年度工学院大学後援会埼玉支部長を拝命致しました青木美代次と申します。昨年に続き2年目となります、1年間よろしくお願い申し上げます。
工学院大学後援会は1950年に発足し69年の伝統と歴史のある後援会です。その中でも埼玉支部は、東京・神奈川に次ぐ大きな支部で会員数は938名を数えます。この大きな支部の支部長業務を昨年経験し、その職責の重さ・大変さを、身をもって実感致しました。
埼玉支部の後援活動を支え、発展させてきた諸先輩方の努力と活動に感謝するとともに、良い伝統は引き継ぎ、新たな活動なども取り入れ、本支部の更なる発展に貢献できるよう、昨年以上の後援活動に取り組んで参りたいと思います。
本年度の埼玉支部の活動(イベント)は、7/7の支部総会、本部行事である10月の「キャンパス見学会」(埼玉支部は本年八王子キャンパスを担当)・2月の「就職と進学に関する懇談会」が大きなイベントになります。会員であればどなたでも参加できる行事です。
 代議員を対象とした代議員会では8月下旬、先進工学部 環境化学科の稲葉先生による講演会を計画しています。また、11月下旬の支部研修会では【JAL工場見学】と工学部 電気電子工学科の野呂先生による講演会も計画しておりますので代議員の方はふるって参加をお願い致します。
本年度役員は、新任6名を迎え、総勢20名で活動してまいります。「明るく・楽しく・和気藹々」を合言葉に後援活動を行ってまいります。後援会は全ての会員の皆様のため、さらにはお子様の充実した学生生活を過ごされるよう、本支部は後援会本部と連携・協力してできる限り支援して参ります。会員の方々に後援会の活動をわかり易く説明するとともに、ご協力いただきながら多くの学生が入学したくなるような大学へ、そしてご父母の方々が入学させてよかったと思えるような大学にするための後援会活動に取組んでいきたいと思います。
それでは1年間よろしくお願い申し上げます。

前のページへ戻る