グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 山形 錦生

7月14日の四国支部総会において支部長に選出されました山形と申します。新元号の年から来年のオリンピックイヤーまで支部長を務めさせていただきますことを光栄に思います。
本年度同時に選出されました支部役員の皆様のご協力と、後援会本部役員の皆様、大学教職員の皆様のご指導、ご支援を頂きながら微力ではございますが、務めさせていただきます。
さて、本年度の四国支部は学部生・院生含む37名(香川10、愛媛10、徳島4、高知13)の会員で構成されております。徐々に会員数(2018年度31名、2017年度25名)も増えておりますが、まだまだ少人数の支部でございます。
四国という立地を踏まえ、会員の皆様が一堂に会し、気軽に意見交換のできる支部になればと願っております。
本年度の支部総会並びに父母懇談会では、初の試みとして佐藤学長をはじめとする各学部・学科の先生方に出席頂き「ランチミーティング」を開催致しました。その後の父母懇談会では、先生方から子供達の大学での生活面や学業の様子等を直接お聞きする事が出来ました。会員の皆様が日頃抱えている不安や疑問の解消に役立ったことと思います。
懇談会後の懇親会では、普段なかなか話す機会のない先生方をはじめ、会員の皆様と、親睦を深めることが出来、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。ご参加くださいました皆様に感謝申し上げます。
今後の活動としましては、本部主催のキャンパス見学会(9月、新宿・10月八王子)、就職と進学に関する懇談会(2月)を実施予定です。
そのほか、隔年実施の講演会がございますが昨年度12月に藤川先生を講師にお招きして「攻めと守りのセキュリティ・セーフティ技術:偽造防止からSNS教育まで」についての講演を実施いたしましたので本年度はございません。また来年度以降先生方の素晴らしい講演が開催される予定です。その節には会員の皆様のご参加をお待ちしております。
最後に工学院大学の益々のご発展と、後援会会員の皆様、大学教職員の皆様のご健勝とご活躍を祈念致しまして、支部長の挨拶とさせていただきます。

前のページへ戻る