グローバルナビゲーション


ローカルナビゲーション



ここから本文です

支部長からの挨拶

支部長 佐野 正明

 2019年5月28日に開催されました工学院大学後援会山梨支部総会におきまして、支部長を拝命いたしました、佐野正明と申します。工学院大学は前身の工手学校から数え創立130年を超え、また後援会としても設立70年を間近に控える歴史と伝統のある大学であります。後援会では学生生活の向上や大学の発展に少しでも寄与できるよう努めてまいります。このような伝統ある工学院大学後援会の山梨支部長を拝命させていただき、心引き締まる思いでございます。
 山梨支部総会は、甲府市のアーバンヴィラ古名屋ホテルで開催され、2018年度の事業報告、会計報告及び2019年度事業計画、予算案、新年度役員が承認されて、令和の誕生とともに、2019年度がスタートしました。総会の後に開催された父母懇談会の面談では、お子様方の日頃の生活、成績に関する事や今後の進路などについて、先生方から直接お話しを伺い不安等が解消されたことと思います。山梨支部の今後の活動は、10月5日の新宿キャンパス見学会、更には支部講演会を予定しております。キャンパス見学会では大学の最新設備の見学や研究室での技術紹介等、お子様方が学ばれている環境を直接体感することができます。また、支部講演会では、大学の先生をお招きし、ご講演いただく予定でおります。皆様と後援会活動を通じて意見交換、情報交換をしながら、お子様方のおかれている環境、社会情勢、就職活動等の変化を理解し、お子様方のよき理解者として学生生活の支援を行い、工学院大学の発展に少しでも寄与できればと思っております。本年度、選任されました支部役員、大学関係者や後援会本部の皆様方のご支援を賜りながら、一年間支部活動に取り組んでまいりますので、これから一年間よろしくお願いいたします。
 終わりに、工学院大学及び後援会の益々のご発展と、大学関係者の皆様、山梨支部の皆様方のご健勝とご多幸を祈念いたしまして、山梨支部長の挨拶とさせていただきます。

前のページへ戻る